知って得する資金調達

資金の調達手段にはどのような方法があるの?

その他の資金調達方法

法人保険を解約する場合

法人の生命保険は節税にも利用できるため、加入されている経営者の方も多いでしょう。
そのような場合、生命保険を解約して解約払戻金を資金に換える事ができます。
本来高い利率で運用されるので、予定解約時には預金以上の金額が返金されます。
しかし、払い込み期間が短いと支払った金額を大きく割ってしまうこともありますので、急いでいるとはいえ解約のタイミングは見極めてほしいところです。
そして再度加入する時には、また最初から払い込みをしなくてはいけない点などのデメリットがあるのでよく内容を確認してから手続きされてくださいね。
以下、貯蓄性の高い保険の種類を挙げておきますので、参考にされてみてください。
長期平準定期保険。
逓増(ていぞう)定期保険。
生活障害保障型定期保険。
終身保険。

貸付制度を考えてみよう

生命保険に入っている場合、解約払戻金を資金にするのも一つの方法ですが、予定解約時期でない為払込金を割ってしまうような場合、貸付制度を検討してみましょう。
払込金のうちの8、9割くらいまで借入できます。
また、返済期日が決められていないので、ローンに比べると大変リスクの少ない方法といえます。
なぜなら、払込金から借り入れをしているので、もし返済しないまま満期を迎えても、差し引かれた金額が返ってくるだけなのです。
また、利率も銀行ローン、ビジネスローンと比べて格段に低い設定になっています。
節税で法人の生命保険に入っている場合、解約してしまうと意味が無くなりますし、再加入で1から支払をやり直すことを考えても、こちらの方が得策かもしれないですね。


この記事をシェアする