知って得する資金調達

資金の調達手段にはどのような方法があるの?

融資、借入による資金調達

低金利な融資から金利の高い融資まで

一般的に融資と言えば、「銀行融資」ではないでしょうか。
企業が融資を受ける場合、取引実績があったり、信用度の高い大きな企業でないと銀行自身の自社保障の貸付はなかなか受ける事ができません。
それは、銀行としても貸し倒れのリスクを負う訳にはいかないからです。
そこに対して、信用保証協会の保証付き融資という貸付があります。
これは金融機関の融資を信用保証協会が80%保証するというもので、中小企業のように信用力が低い相手にも貸付できるようになります。
他に低金利な公的融資には、政府系金融機関(日本政策金融公庫、商工組合中央金庫)や地方公共団体の制度融資などがあります。

上記のような融資が受けられない企業を対象にした、ビジネスローンがあります。
貸付元は、銀行や消費者金融系列の会社となります。
審査も甘く、保証人や担保も必要ないローンもありますが、その分利息は高額なので、利用に関しては慎重に考えた方がいいでしょう。

さまざまな担保融資

融資における担保とは、銀行や金融機関のような貸した側が、借主が返済できない場合に売却して損害を補てんできるものを指します。
担保を付けることによって、審査が下りたり金利が下がることもあります。
例えばよく聞かれるものでは不動産が圧倒的に多いでしょう。
ところが、実は流動資産の方が早く現金化できるため、担保としては価値があります。
近年注目を集めているものに、「流動資産担保融資(ABL)」があります。
法人しか利用はできませんが、在庫や原材料のような流動資産を担保に融資を受けることを言います。
担保になるのは動産で、売掛債権や設備も入ります。
売上があがり、設備などが増えると融資枠も広がるため、企業が大きくなることで融資する側にもメリットがあります。


この記事をシェアする