知って得する資金調達

資金の調達手段にはどのような方法があるの?

資金調達についてしっかり学んでおこう!

売却によって資本を得る

手持ちの資本を売却することで、とりあえず早く資金に換えることができますね。
個人の場合なら、希少な食器や貴金属、年代物の家具だったり、使う事の少ない車を思い切って売ってしまうこともあるでしょう。
企業も同じように、事務機器や営業車、不動産にゴルフ会員権など、必要のなくなったものを売却できます。
過剰な在庫を処分するのも一つですね。
売却する時には購入時よりも値段が下がってしまうケースも多いので、思った金額がつかないこともあります。
しかし、置き場所を取ってしまったり、使用しないもののメンテナンス料を払い続けるより、場合によっては資金に変換する方が得策と言えるでしょう。
また、売却したビル、事務機器や車をリースとして再利用するという方法もあります。

無形資産の売却や未収金の回収も

売却できるのは目に見えるものばかりではありません。
営業権を売却するといった場合には、顧客網だったり、取得した特許や、開発権などのような無形資産も幅広く含まれます。
また、「ファクタリング」と呼ばれる、売掛債権を回収より前に売却する方法もあります。
販売してから支払いが完了するまで、通常は一定期間かかるのが普通ですね。
それを、売却することによって先に資金に換えてしまう方法です。

しかしなにより、まずは未回収の売掛金を積極的に回収することも大切です。
支払が滞っていたり、遅れていたりする取引先があれば法的な手続きも踏まえて回収すべき場合もあるでしょう。
思わぬトラブルで被害を受けてしまうことは避けたいものです。


この記事をシェアする