知って得する資金調達

資金の調達手段にはどのような方法があるの?

資金調達についてしっかり学んでおこう!

会社や個人の資産を売却する方法は、負債を作らないため先々の返済のリスクもなく安全だといえますね。 目に見える資産だけでなく、営業権や売掛債権を売却する方法もあります。 また、売却ではないですが、未払いの売掛金の回収などを積極的に行うことにより資金を得ることもできます。

負債を伴わない資金調達

人生に置いて、様々なシーンで資金の調達が必要になりますね。
企業にとっても、事業拡大の計画があったり、急な運転資金が必要になったりすることもあるでしょう。

大きなお金が動くことなので、後で後悔しないように、しっかり計画を立てていきたいものです。

まずはリスクの少ない方法から見ていきましょう。
手持ちの資産を売却して資金に換えるいくつかの方法があります。
資産の中には、実際に使っている物、在庫として所持しているものなどあります。
最もリスクの少ないやり方は、手持ちの資産を売却することでしょう。
負債も生じないし、不要な在庫なら保管場所の有効利用にもなります。
たとえ使用中の設備でも、売却してリースとして再契約する方法もあります。

続いて考えられる資金調達方法は融資なのではないでしょうか。
融資は利息が発生する資金調達です。
金利が低いに越したことはありませんが、金融機関との取引状況や、企業の規模によって契約内容も変わってきます。
また個人事業主だと、不利になることも多いのです。
金額によっては担保が必要なこともあります。
そんな時に、審査も甘く融資までの期間も短いのがビジネスローンと言われるものです。
しかし、金利が高いことが予想されますので、返済計画をきちんと練った上で利用したいものです。

少し目線を変えてみましょう。
節税対策に、法人として生命保険に入っておられる方も多いかと思います。
払戻金のあるタイプで掛けている場合はそれを資金にできますね。
満期でなくても、ある程度多額の払込みをしているなら、一旦解約ということもできます。
また、保険会社は低金利で払込金額に沿った貸付をしていると思いますので、解約して最初から払込を再開することを考えたら、借入するのも一つの手段ではないでしょうか。

それぞれの方法について、詳しく見ていきたいと思います。

融資、借入による資金調達

資金調達と言えば、まず一般的に思いつくのはどこからかの融資ではないでしょうか。 個人の場合なら、親や親戚筋、また友人知人など、信頼関係によって借入をすることも考えられます。 ただ、知り合い間でのお金の貸し借りは後々のトラブルになることも多いですから、金融機関を利用する事を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。

その他の資金調達方法

これまで書いてきた資金調達方法には、負債を伴わないやり方と負債を伴う方法がありました。 その他にも、資本を資金調達にする方法などがあります。 個人事業主や、中小企業の方はあまり耳にすることはないかもしれませんが、いきなりローンを抱えてしまう前にできる事があるかもしれません。